うまくいえないひとたち。

analfriskerのつどい

この生活

自粛生活、皆様いかがお過ごしだろうか。 新型コロナウイルスが猛威をふるい、人々の生活を変化させた。らしい。 らしい。という濁らせ方を使うのは、仕事の休みが増えて、テレワークなんていう自制心のない人間にとっては降って湧いた天国のような仕事環境…

天使がいたのなら

もし天使がこの世界にいたのなら あの、美しく、正しく、聡明な天使は この世界をどのように生きるのだろう。 権力者が、富豪が、浮浪者が、呆知者がいる この世界で。 正しく、聡明な天使よ、教えて欲しい 全ての浮浪者に金を与えるべきですか、それとも誰…

tOkKyOn

渋谷までは380円ですよ。360円デハ20円足りずIC 現金払い。残金、480円。 ええ、ええ 使えるのは100円 何も買えませんよ。 なれない新宿行きの埼京線、乗り換えて渋谷行きの埼京線。そうね、バカらしいね、こんなこと。君もここで飛び込もうとしたんだっけ…

あおいはと

青い鳩はとんでゆく燃えて燃えさかる京の夜にいってん白けた腹に赤みを着けてゆうゆうとぉ、ゆうゆう、腹にほのおを引き連れてぇ京を端から端へ飛びまわる十万のひとを灰に焼けこけて叫喚地獄ゆくらゆくら広らげてく西から、東と、東から、西と、ぐらぁんぐ…

かわいそうな子

かわいそうな子はかわいそうな子ですかわいそうな子には昔、名前がありましたでもかわいそうな子は名前を忘れて無くしてしまったので、かわいそうな子になりましたかわいそうな子はかわいそうな子ですだからかわいそうな子はうつむきましたうつむいたら本が…

わたしたちはずっと静かだった

高校生のどのクラスの時も、奇跡的に教室の隅っこに席があった。1年生の時は一番廊下側の列の一番後ろ。2年生の時は一番窓側の列の後ろから2番目。3年生は震災後に移った新校舎の教室で、誰も座ったことがないという特権をもった、一番窓側の列の一番後ろだ…

忘れっぽいイノシシの話

ものすごく頑張り屋さんなイノシシ。 それはもう一生懸命走ってた。 でも、ある日ふと思い立った時に なんで一生懸命走ってたのかを忘れてしまった事に気づく。 なんとなく、自分ではなく誰かの為だった気がするけど。 後ろを見ても誰もいなかった。 みたい…

ある女が猫を飼いにとあるペットショップを訪れたとき、その日その瞬間運命の人は決まっていた。 対応してくれた年配の女性がメインクーンのゲージをあけ、大量の毛玉がもさもさと大移動する中、一匹だけ扉に引っかかってうまく出られないどん臭い子がいた。…

タイトルって大事

会社の同期と、モチベーショングラフを書いてその内容を語り、聞いてる側が感じたことを話す、という事をした。 24年間生きてきた事を話して、グループ・集団の中で自分がどういう立ち位置なのかを意識して、そこに沿うように動いていた事を指摘され自覚した…

はじめまして

昔からの素敵な縁に誘われて、うまくいえないひとたち。という不思議な場所に出会いました。 どんな事を書こうかはまだ決めきれてませんが、出来たら暖かく見守ってください。 完全に心の中で精算できてない過去の話を女々しく描いたり、いろんな情報に振り…

2020年決意リスト

・ビューカードの入会手続きをして、今持ってるSuicaにオートチャージ機能を付けたい ・ブルーノート東京に行くデートがしたい ・自転車を買いたい ・温泉に浸かりたい ・他人に軽率に消費されないようなキャラで生きる ・会いたい人に会いに行く優先度を高…

《12月企画》一番いいたいのはラストに書いてあること。それのみ。

今年買ってよかったもの。ベスト3。 ちなみになんで3つまで、とかいう上限を設けたかというと、もしわたしが書くとしたらそれくらいの個数しか書けないだろうなと思ったためです。わたしが買い物下手くそ人間であるがゆえの縛りでした…(これについてはその…

≪12月企画≫今年買って良かったもの~ベスト10(え~

3つまでって書いてあったけど失念しててベスト10書いちゃったのでベスト10読んでほしい!!!(許して キツそうなら3までとばすこと! 第10位 ファンタ SOKATA 香りがわりと好きで味も美味しいのでたまに飲みます。 第9位 ウィルキンソン タンサンレモン 旦…

お礼文

自販機でコーンポタージュ売ってるのを見て秋だなあと思いながらこれを書き始めました。 このブログを書いたり読んだりしてくださっている方々、いつもありがとうございます。 お礼をいうのが遅くなってしまいましたが、最近の自分の身の周りのことに関する…

わたしからあなたへ

「何処か貴方の知らないところに、貴方への言葉を残すこと」。それはとても、とても難しい。 適切な場所がどうにも思い浮かばなかったので、ここにしました。ただ、きっとこの場所も、いつか貴方の知るところとなるのでしょう。だって、あなたはわたしで、わた…

きみが嫌い

僕は前の記事のような文体が苦手である。 人は信仰で生きてるものだから、と言われればそれまでであるが、 米津さんも新海誠もタピオカもどうでもいいのである どうでもいいどころか嫌いなのである。 嫌いなことを匿名で多数の人が見る場に書き込むのはとて…

僕たちは〈大人〉になってしまった 〜 『天気の子』レビュー(途中からネタバレあり)

「人に嫌な思いをさせてはいけません」 「暴力を振るってはいけません」 こういう価値観が「当たり前」になったのは、とても「正しい」ことだ。大前提。 ただ、それは同時に誰かの権利を侵害しないように気を張っていなければならなくなったということでもあ…

人に好かれること、嫌われること

最近でもないけど長いこと付き合ってるわけでもない彼氏と最近些細なことで言い合いになる。私は些細なことだと思っているのに彼は些細なことだとは思っていないらしく、それが議論のもとなのだけれど。私が首を傾げたり、相手を見て話したり、笑顔で話しを…

きょうの日報

連日、残業している。当然のことだが、残業代という概念は設立してからようやく1年とちょっと経った弊社には存在しない。いやお前交通費全部出さないなら出せよ、という言葉を何度飲み込んだことかわからない。引かれていく社会保険料のエグさが毎月生理のよ…

いいたいこと言い残してきてないままここまできちゃった

タイトルの通りのことをいままさに思いながら通勤している。 GWは他の業者は休みなのにうちは全然仕事で、仕事ももはやなくて何しにきてるか分かんなくなりはじめてるのに、出勤。今日も審査中のお客様に逆ギレされたりして生きてる意味がわかんなくなっちゃ…

書きたいという気持ちが強くなったあのときの僕は、サンリオピューロランドに行くべきだったのかもしれない

予想外に痛手を負うことは、誰にでもある。 予想外に痛手を負わせてしまうことも同じく。 イジりとイジメの境界線は、いまや社会問題となっている。セクハラ・パワハラなんかと同根だろう。 「加害者」の多くは第三者に訴えられたときに、初めて自覚が出t 重…

ひどい風邪の時に嫌いなテレビを観て元気を貰った話

昼過ぎまで寝た。いや、正しくない。起きたら昼過ぎだった。 4時と5時半くらいに咳が止まらなくなって2度目が覚めたのは覚えている。 そこから咳止めの頓服を飲んだ。大きくて白い錠剤を4つ。医者は副作用で眠くなるから寝られない時だけにしなさいと言って…

仮原稿

お父さん・お母さんへ お久しぶりです。しばらく帰れずにすみません。お元気でしょうか。 お父さんが風邪をひいてしばらく寝込んでいたこと、お母さんからこの間電話で聞きました。わたしも最近風邪をひいたのでお揃いだなと思いました。こっちは春が来る前…

きょうの日報

朝、遅刻した。最近朝起きたら膀胱の痛みで動けなくて困ったなあということが多い。ご飯も食べてるし風邪っぽくはない。花粉で鼻はやられているけれど、漢方を飲んでなんとか生きている。あんなに食べるようになったのに抵抗力がまだ弱いのかあ、と思いなが…

弊社の上司、みていますか?死ね

ひとは年齢などではなく、属性ではなく、見た目ではなく、人柄でもなく、如何様に考えて何を実行しようとしているか。 それに対して手伝えることがあるのかないのか。 切りつめていったらそれしか残らない。それ以外は残らなくていいはずなんだけども、その…

捨てられたダッチワイフが人間に復讐するゲーム「Doll of Resurrecion」

みなさんどうもこんばんは、「君の美しさはまるで精巧に作られた人形みたいだ……心奪われて僕が人形になってしまいそうだ……!」みたいなちょっとうまいこと言ってやろうとしている男を蝋人形にしてやりたいでおなじみ、アミーゴ銀三郎です。 みなさんは物を大…

nontitle

とあるツイートをタイムラインで見て、もやもやしてしまったので、ここに書く。すみません、いきなりこんなものを入れてしまって、エグいかもしれない。要注意女1人、男2人。これはなにか? 私の恋愛履歴書だ。性行為(のようなもの)をしたのは3人ともで…

Lamp

シャワーを浴びていて、ふいに飛び込んできた水が甘かった。 あるアーティストの歌詞を思い出して「最近は髪も爪も切らず/復讐もガソリン切れさ/何にも食べたくないし/ずっと考えている」。 何日も外に出ずに、部屋にうずくまっていて、食事も怠って、夜にな…

《10月企画》記念日との適切な距離について

□はじめまして、ここで書くのは初になります。更新が遅くなり、すみません。職場の旅行で疲れはてていたら、こんなに日が経ってしまっていました。 □日頃から他人に「参加する前に作品をストックしておきなさい」と口煩く言っているわりには、自分自身ができ…

《10月企画》疲れてるのかもしれない

途方に暮れている。 この「記念日」の企画が始まったとき、何を書こうかとぼんやり考えて、題材のメモを残したことは覚えていた。 いざ自分の番がまわってきて、改めてメモを見たのだ。 そして、途方に暮れた。 賢明な読者のみなさんならば、既に僕が途方に…