うまくいえないひとたち。

analfriskerのつどい

愛には色んな定義があって。

人の数だけ愛があって。

定義もない認識もされていないただそうある愛があって。

 

例えば10年好きでいたらそれは愛と呼べるっていうのを聞いたことがある。

ずーと前テレビでどこかのお坊様が言っていた。

愛は初めからそこにあるものではなく突き詰めた「好き」なのねって理解した。

 

 

わたしは何かが朽ちていくことや何かの命が終わることが嫌で嫌で堪らない。

見ているのが辛い。逃げたくなる。

悲しくて堪らない。

 

好きなものはたくさんあるしたくさん持てる。

でもそれが朽ちていく気配を感じると手放したくなってしまう。どうか目の届かないところで朽ちて。まだあれは生きているかもって期待させてと思ってしまう。

 

そんなわたしだから

 

そのものが終わる瞬間までもそばに居続けたい、その瞬間を辛くても一緒に見つめていたい、終わりに向かう時間を一緒に過ごしたい、そう思える何かがあるときわたしはきっとそれを愛しているのだと思う。

 

そんなわたしだから愛せるものはとても少ない。

 

あなたの愛はどんな愛。

あなたの言葉で聞いてみたい。

 

あなたの愛するものはどんなもの。

あなたの声で聞いてみたい。

 

 

こんなに愛あいアイあい書いたの初めて笑

夜って怖いわね。