読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまくいえないひとたち。

analfriskerのつどい

不変の国

私は私自身の身の丈にあった言葉で、私のことを語りたい。

伸ばした腕が届く範囲の、半径1mちょっとの世界の中にある言葉たちだけ。それ以上のことを言ったって、メッキはいつか剥がれるのだ。

 

ゆうべ、私は早くも押入れから掛けぶとんを出してしまった。柔らかくて暖かい重み。

 

ふとんの国は幸せと貧しさが同居する国だ。そこには多くの安寧と少しの背徳がある。ふとんにもぐるのが早い時間であればあるほど、その中毒性が運んでくる快感は大きくなり、人を怠惰にしていく。

 

だらしない生活を続けると、自分でも気が付かないうちにこころが貧しくなる。なにも生産せずに、消費すべきエネルギーも消費できず、なのに限りある時間はきちんと減っていくからだ。当たり前に湧いていた力も、いつの間にか湧いてこなくなる。

 

それでも私はふとんの国を愛している。私がどんなに変わっても、ふとんはいつだって暖かく迎えてくれるからだ。ふとんにどんなにひどい扱いをしたとしても、ふとんは私を裏切らない。

 

だけどそろそろラブイズオーヴァーだ。悲しいけれど終わりにしよう。キリがないから。

 

いや、実際のところはすでにちょっと遅刻のラインなんですけど。ほんと無理。逆に出られない。