読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまくいえないひとたち。

analfriskerのつどい

漂流、過剰な自意識と刃

 

 「変わっている」という評価に苦しめられ始めたのは、いつ頃からだろう。

 

 麻薬だ。「変わっている」という言葉は、他の人とは違うという陶酔と、他人と違い続けなければならないという義務感を与える、麻薬。気づいたときには、自分が何者でもないという事実を突きつけられ、過剰な自意識に溺れ死ぬ。

 

 あるいは刃だ。言葉を受けるたびに、深く深く傷つくのに、誰にもSOSを出せない。血だらけなのに、戦いをやめることができない。それ以外、人との関わり方を知らないから。そうやって刃を受けることが、他人からの認識を実感できる、唯一の方法だ。

 

 僕は異常じゃない。

 

 「大人の付き合い」は、ゆるやかに、でも確実に死に至らせる。

自分と真剣に関わろうとしない人たちの中で、心が孤独に死んでいく。

 

 

 僕は、異常なんかじゃないのに。

 

 

 

nem